単身赴任はどこに住む?選択肢を知っておこう

単身赴任の住まい選び

単身赴任をするときには住まいをどうするかで悩みがちです。どのような選択肢があるかをまず理解しておくと役に立つでしょう。一般的なのは賃貸物件を借りて住む方法ですが、期間が短い場合にはホテル住まいをする場合もあります。また、マンスリーマンションやウィークリーマンションも期間に応じて借りられるので魅力的な候補です。賃貸物件のように家具や家電を手配しなくて良いのがメリットとしてよく注目されています。

一方、近年ではシェアハウスやゲストハウスを利用するケースも目立つようになってきました。シェアハウスは海外では主流な住まいの形で、赤の他人と一緒に住むのが特徴です。キッチンやリビング、風呂やトイレなどは共有して寝室だけ別にするのが一般的です。家賃が安くて済むことに加え、新しい地域で出会いがあることから人気が高まってきています。

単身赴任の住居費を考えよう

単身赴任の住まいを検討するときには住居費がどのような負担になるかを考えるのが大切です。会社の命令で単身赴任をするときには条件を満たす限りは全額負担をしてくれることもあります。ホテル住まいでは全額支給されなくても、マンスリーマンションなら負担してもらえることも珍しくありません。賃貸物件の場合には家賃は負担してもらえても家具や家電の購入費用は自己負担になるのが一般的です。勤め先によって住居費に関する規定は異なるので、どのような仕組みになっているかを調べてから住まいを決めるようにしましょう。

単身赴任の家具選びの際、今ならサブスクリプションという選択肢があります。つまりはレンタルということですが、初期費用をグッと抑えることが可能です。引っ越しの時のコストや手間がかからないのも魅力です。